闇金 取立て

闇金からの取立てに怯えて照明をつけずに過ごす

私自身、闇金からの取立てで困っていたときがありました。
闇金業者からお金を借り、その返済ができなくなると、取立てがきびしくなりました。
闇金業者は1日に何回も自宅にきました。
インターフォンのチャイムを何度も鳴らし、ドアを強くノック。そして、大きな声で名前を呼びます。これの繰り返しです。おそらく、近所の方は迷惑だったことでしょう。
自宅にいても居留守をつかいます。だから、夜になっても照明をつけずに過ごしていました。もちろん、テレビもつけずに。朝がくるまで、暗闇のなかでひっそりと過ごします。なんとも、惨めな生活です。
幸い、当時は単発の日払いアルバイトをしていたため、バイト先がいつも異なるので、闇金が職場にくることはありませんでした。

 

闇金業者からお金を借り、私と同じような思いをしている方は弁護士の電話相談で解決の糸口を見つけてください。
24時間対応なので、すぐに相談してください。フリーダイヤルなので通話料は無料です。

 

闇金被害の相談はこちら

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685 (無料の電話相談・全国対応)

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072 (無料の電話相談・全国対応)