闇金 イヤガラセ

闇金のイヤガラセ(貼り紙)

闇金への返済が滞ると、イヤガラセをされることもよくあります。
自宅のドアや郵便受けに貼り紙をはられた人もいるようです。
「金 返せ」
「ドロボー」
というようなことが書かれた紙です。
まるで、何十年前のサラ金のようなやり方です。
現在の消費者金融は間違ってもこのようなことはしません。
しかし、闇金はやります。法律など関係ないので、お金を返すまでイヤガラセをしてきます。
貼り紙があったということは闇金が自宅まで来たということ。
恐怖を感じますよね。
闇金のイヤガラセでこまっている方はすぐに相談したほうがいいです。
警察に相談しても、なかなか細かな対応はしてもらえません。
弁護士の無料相談がいいでしょう。
その場合、できれば闇金の対応に力を入れている弁護士がいいです。
闇金の対応にはそれなりに難しいようなので、対応に慣れている弁護士や対応に力を入れている弁護士のほうが、うまく話が進みます。
闇金の対応に力を入れている弁護士はこちらで紹介しています。

 

闇金問題解決の費用は後払いにできる